kawabata-makoto

河端一 (Makoto Kawabata)

欧米にて絶大な支持を受けるサイケデリックロックバンド「Acid Mothers Temple」を率い、その轟音超高速ギタリストとして認知される一方、ソロ活動に於いては、弓弾きやグリッサンドギター等を駆使し、ギタードローンの開祖としても広く知られる。1978年に自作楽器と電子音による作品を制作発表以来、様々なユニットを結成しては、世界中より膨大な数の作品をリリース、また欧米を中心に精力的にツアーも行い、その活動の全貌把握は困難を極める。
Gong、Guru Guru、Silver Apples、Nik Turner、Damo Suzuki、Träd Gräs och Stenar、Geoff Leigh 等、サイケデリック・オリジネーター達との合体、灰野敬二、吉田達也、Charles Hayward、Jean-François Pauvros、Richard Youngs、Tatsuya Nakatani等、先鋭的ミュージシャンとのコラボレーション、Rosina de Peira、Marc Perrone、Andre Minvielle、Beatritz 等、南仏オクシタン・トラッドミュージシャン達との共演をはじめ、その他セッション活動もジャンル問わず多岐に渡る。2019年よりモジュラーシンセサイザーを駆使し、自身のキャリアの原点回帰とも言える電子音楽作品の制作と演奏も開始。またFurusaxa、maquiladora、秘部痺れ、squimaoto、他、多くのミュージシャン/バンドの作品でプロデュース&ミックスも行う。2020年「GAGYO(画業)」と称し、満を持して絵画作品制作を開始。
www.acidmothers.com
https://kawabata-makoto.bandcamp.com/
https://www.instagram.com/speedguru666/